TEL

Newsニュース

その他2021.02.15

◆結び目◆

「飾り紐」や「水引」…お祝い事にかかせない「結び目」

ふたつのものをひとつに結ぶことから「結婚式」にもよくつかわれるアイテムです。

○あわじ結び
結びきりの一種で、二度とあってほしくないことに用いられます
別名「あわび結び」
左右の輪が互いに結び合い、両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから
末永くおつき合いしたいという意味をもつそう

○菊結び・吉祥結び
よく似た結び方である日本の「菊結び」と中国の「吉祥結び」
菊結びは延命長寿の意味、吉祥結びは幸福や健康を祈る結び方と意味も似ています!
菊の花のような可愛らしい見た目で花嫁さんから人気のある結び方

○梅結び
梅の花のように5つの花びらをもつ「梅結び」には“人と人をつなぐ”という意味が込められています
固く結ばれ、なかなかほどけない梅結びには他にも魔除けの意味も!
招待状などペーパーアイテムにも使われるかわいい結び方


実は、英語でも「tie the knot」というイディオムがあり
直訳すると「結び目をつくる」ですが、「結婚する」をいう意味!!

2本のひも(糸)で結び目を作る様子から
「結ばれる」⇒「結婚する」という意味でつかわれているそう
日本の「縁結び」に似ていますね

「紐を結ぶ」ことは日本語でも英語でも「縁を結ぶ」ことの象徴なんですね!

和婚にはもちろん、モダンな結婚式にもおすすめな結婚の伝統的なシンボルである「結び目」

ぜひあなたの結婚式に取り入れてみてはいかがでしょうか?